2chスポーツニュースナビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【映画/テレビ】「千と千尋の神隠し」19・6%!テレビ放送7回目も根強い人気

【映画/テレビ】「千と千尋の神隠し」19・6%!テレビ放送7回目も根強い人気

1 :ぱぱぼへみあん ★@\(^o^)/:2014/11/25(火) 09:45:38.53 ID:???0.net
宮崎駿監督(73)のアカデミー名誉賞受賞を記念し、
21日に日本テレビ「金曜ロードSHOW!」でノーカット放送されたアニメ映画
「千と千尋の神隠し」(後7・56~10・54)の平均視聴率が19・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
だったことが25日、分かった。
テレビ放送は2012年7月6日以来7回目だったが、根強い人気を示した。

2001年7月公開の同作は、10歳の少女・千尋を主人公にしたファンタジー。
日本歴代興行収入1位の304億円を記録し、
03年3月にはアカデミー長編アニメーション映画賞を受賞した。

03年1月24日のテレビ放送時(日本テレビ)には、平均46・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
の驚異的な数字を叩き出した。

今回は、より多くの視聴者が楽しめるように、放送開始時間を通常より1時間強、繰り上げ。
番組の前半には「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年公開)から「風立ちぬ」(2013年公開)まで、
宮崎監督が手掛けた11作品の名シーンを放送。巨匠の足跡を余すところなくたどった。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00000077-spnannex-ent

続きを読む
  1. 2014/11/26(水) 00:27:27|
  2. 視聴率
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ドラマ/視聴率】「相棒 シーズン13」、初回の視聴率は19.8%と好発進

【ドラマ/視聴率】「相棒 シーズン13」、初回の視聴率は19.8%と好発進

1 :かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2014/10/16(木) 09:46:35.72 ID:???0.net
<相棒13>初回視聴率19.8%で好発進
まんたんウェブ 10月16日(木)9時32分配信

人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の新シリーズ「シーズン13」の初回が15日に2時間スペシャルで放送され、平均視聴率は19.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。女優の仲間由紀恵さんが“謎多き女”社美彌子(やしろ・みやこ)役で「相棒」シリーズに初登場し、今期民放連続ドラマでは同局の「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の初回21.3%に次ぐ2位の好スタートを切った。
また「相棒」シリーズの初回視聴率では成宮寛貴さんが初登場したシーズン11の初回19.9%に次ぐ2位となった。

相棒シリーズは、水谷豊さん演じる警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・右京がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決するドラマ。2000年6月に単発ドラマとして登場し、02年10月から連続ドラマ化。これまでに全シリーズで228話を放送しており、最高視聴率は23.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、全シリーズの平均視聴率16.3%(同)を記録している。右京の相棒は、寺脇康文さん、及川光博さんに続き、2012年10月から放送の「シーズン11」から成宮寛貴さんが3代目を務めている。
新シリーズでは水谷・成宮コンビが3シーズン目に突入した。

初回「ファントム・アサシン」は、仲間由紀恵さんが警察庁から情報機関「内閣情報調査室」へ出向中の社美彌子(やしろ・みやこ)役でゲスト出演。ある日、大学准教授の殺人事件が起き、捜査にお呼びのかからない特命係の2人は、なじみの路上生活者から歩道橋から転落死した男性の個人情報が記された紙片を入手し、二つの事件の関連が明らかになる。そして、紙片からは美彌子の指紋が検出され、特命係は美彌子と相まみえることに……。終盤では仲間さん演じる美彌子が警視庁の広報課長に就任するなど、「激動のシーズン」への予感を感じさせる驚きの展開も描かれた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000001-mantan-ent

続きを読む
  1. 2014/10/16(木) 18:38:43|
  2. 視聴率
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【ドラマ】柳葉敏郎主演「あすなろ三三七拍子」第7話視聴率は3・6%

【ドラマ】柳葉敏郎主演「あすなろ三三七拍子」第7話視聴率は3・6%

1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2014/08/27(水) 21:04:10.27 ID:???0.net
 26日に放送されたフジテレビ系ドラマ「あすなろ三三七拍子」(火曜午後9時)第7話の
視聴率が、3・6%だったことが27日、ビデオリサーチ調べで明らかになった(関東地区)。

 柳葉敏郎主演で、共演は反町隆史、剛力彩芽ら。大学応援団を立て直すことになった
中年サラリーマンの奮闘を描く。初回7・7%でスタートし、5・1、5・3、4・1、5・0、5・0と
推移していたが、初めて3%台となった。

 同時間帯の各局は、NHK「ニュースウオッチ9」10・0%、日本テレビ
「幸せ!ボンビーガールSP」(13・1%)、TBS「ナイナイのお見合い大作戦!」(11・1%)、
テレビ朝日「ロンドンハーツ」(11・7%)、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」(11・8%)だった。

 午後9時台のドラマで視聴率が3%台となった例には、12年4月期のフジテレビ
「家族のうた」(主演・オダギリジョー)、13年10月期のTBS「夫のカノジョ」
(主演・川口春奈)などがある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140827-00000074-nksports-ent

続きを読む
  1. 2014/08/28(木) 17:59:04|
  2. 視聴率
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ドラマ】「あすなろ三三七拍子」第4話は4.1%

【ドラマ】「あすなろ三三七拍子」第4話は4.1%

1 :プーアル ★@\(^o^)/:2014/08/06(水) 19:43:03.96 ID:???0.net
柳葉敏郎(53)が主演するフジテレビ系連続ドラマ「あすなろ三三七拍子」(火曜後9・00)の第4話が
5日に放送され、視聴率が4・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが6日、分かった。

初回は7・7%、第2話は5・1%、第3話は5・3%で、4話までの平均は5・7%。

 作家・重松清さん(51)の同名小説が原作で、存続の危機にある翌檜(あすなろ)大学応援団を立て直すため、
50歳の中年男が団長に就任し、前近代的な基本精神を掲げる応援団でその哲学を学んでいく。

15年ぶりの地上波の連続ドラマとなる柳葉は、会社から応援団に出向となる中年サラリーマンの
主人公・藤巻大介を演じている。

 このほか男社会に嫌悪感を持つフェミニズム論客であるヒロインに剛力彩芽(21)、藤巻を熱く指導する
応援団OB役で反町隆史(40)、ほんこん(51)、今どきの学生で金髪ピアス姿で登場する風間俊介(31)、
チアリーダー部の部長役として高畑充希(22)らが出演している。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/2014/07_09/asunaro337/kiji/K20140806008698880.html

続きを読む
  1. 2014/08/07(木) 21:03:54|
  2. 視聴率
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ドラマ】Hey!Say!JUMP・山田涼介主演「金田一少年の事件簿N」が低視聴率の理由…山田のミスキャスト感、演出のチープさ、犯人の動機が安易

【ドラマ】Hey!Say!JUMP・山田涼介主演「金田一少年の事件簿N」が低視聴率の理由…山田のミスキャスト感、演出のチープさ、犯人の動機が安易

1 :ブリーフ仮面(第四十一期次席卒業生)φ ★@\(^o^)/:2014/08/05(火) 00:50:33.34 ID:???0.net
Hey! Say! JUMP山田涼介の『金田一少年の事件簿N』が不人気な理由

◆山田涼介の金田一は低視聴率

 日本テレビの人気ドラマ『金田一少年の事件簿N』が苦戦中だ。
7月26日に放送された「ゲームの館殺人事件」は視聴率7.7%と
大きく落ち込んだ。初回の視聴率12.4%から5%近く数字を落としており、
初回の放送で見切りをつけた視聴者が続出したのだろう。

 しかし、『金田一少年の事件簿』シリーズは、キャストを変え
9年続いてきたドラマだ。何故このような事態になってしまったのか。.

 まず挙げられるのが不自然なキャストだ。

 このドラマといえば、やはりKinKi Kids・堂本剛とともさかりえの印象が強く、
これを最適な配役であった。この壁を松本潤&鈴木杏、亀梨和也&上野樹里でも
超えることはできなかった。今回のHey! Say! JUMP・山田涼介&川口春奈では、
シリーズを背負うには厳しいという印象が拭えない。

 さらに山田のミスキャスト感を加速させるのが、濃いめにほどこされたメイクである。
金田一一はスケベでおちゃらけた高校生。化粧をされてしまってはキャラが台無しになってしまう。.

 次に指摘されるべきなのは、演出のチープさだ。

 初代では堤幸彦や佐藤東弥など、優れた演出家がサポートしていた。しかし、
予算削減のためか、彼らは次第に手をひくように……。不気味なBGMとともに
迫りくる恐怖という醍醐味が感じられなくなってしまった。全体的に画面も明るく、
ホラー的な要素が取り払われているのがとても残念だ。.

◆馴染みのない脚本が最大の問題点?

 また、犯人の動機も安易だ。  特に初代の「怪盗紳士の殺人」などは、犯人の
境遇が壮絶で衝撃のラストを飾る、いまでも名作と語り継がれている一話だ。しかし、
新シリーズの「ゲームの館殺人事件」の犯人は、保険金目当ての殺人であった。これまでなら
保険金殺人に見せかけて、思わず同情してしまうような動機を用意していたはずなのだが……。.

 最後に、最大の問題が脚本である。

 この『金田一』シリーズといえば、雪夜叉伝説や学園七不思議など日本の民俗学を
モチーフにした殺人が最大の魅力であった。他にも怪盗紳士やオペラ座の怪人など、
海外の都市伝説をテーマに据えることもあったが、このどこか馴染みのある怖い伝承が、
私たちを畏怖させるのに一役かっていた。禍々しいお面をつけた雪夜叉が、
殺戮を繰り返す様は、言いようのない迫力があった。

 しかし新シリーズでは、そのようなテーマがまだ出てきていない。
『金田一』ならではの伝説になぞらえた殺人が行われず、
ただの推理ドラマとなっている。これでは物語に深みが生まれないだろう。

 期待していただけに少し残念な滑り出しとなった『金田一少年の事件簿N』。
ここから巻き返しはなるだろうか?.(文・角刈りハーブティー).

ブッチNEWS 2014.08.02
http://bucchinews.com/geinou/4564.html

続きを読む
  1. 2014/08/05(火) 03:43:08|
  2. 視聴率
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ